安心の中古車えらびを。

中古車を賢く購入しましょう Used Car Purchase Navi

プライスボードの見方

中古車を見ていると、フロントガラスの所に、大きなボードが置かれていますよね。これをプライスボードと言うのですが、これは、中古車の値段や、その他の大切な情報が書かれています。
このプライスボードを正しく読む事が出来るかが中古車購入のカギともなります。

 

プライスボードに書かれている事

1.現金販売価格

つまり、この中古車の販売価格ですね。これは一番大きくだいたい赤の字で書かれていますので、一番始めに目がいくと思います。
しかし、この金額には、保険料や消費税、登録料などの諸費用は入っていませんので、この金額だけで購入する事が出来るわけではありません。

 

2.初年度登録年月

この車が初めて登録された日の日付が書かれています。つまり、一番始めに新車として購入された日の日付です。但し、軽自動車の場合には、始めの検査日が書かれています。


3.車検証有効期限

この車の車検があとどのくらい残っているかを表しています。期限が切れる日付が書かれています。

 

4.走行距離

現在の総走行距離が書かれています。但し、以下のような場合もあります。

●本当にこの距離数で合っているのか分からないような場合には「?」や「不明」等が記入されています
●走行距離のメーターを取り替えていたら、取り替え前と取り替え後の距離が書かれています
●走行距離の改ざんが明らかな場合には、「改ざん」などと書かれています

 

5.以前の持ち主の整備記録の有無

現在中古車を展示している時点から2年以前に定期点検整備などがされていて、その整備記録がある場合には、有に○がついています。無い場合には無に○がついています。

 

6.修復歴の有無

修復歴がある場合には、あると表示がされています

 

7.車の区分

この車が自家用だったのか、営業用だったのか、レンタカーだったのかを表しています。これ以外だとその他になっていたりします。

 

8.保証があるかどうか
車に保証が残っていたりしたら、その保証の内容や、期間などが書かれています。

 

9.定期点検整備実施をしたかどうか

●定期点検をしていたら「定期点検整備あり」と書かれています
●車を展示する時に点検をしていたら「済」とかかれています。(車の金額に整備代金が入っています)
●売れた時に、点検整備をする場合だと「納車時」とかかれています
●定期点検整備をやらない場合だと「定期点検整備なし」と書かれています
●整備をしないといけないような箇所がある場合にはその内容が書かれています

 

10.定期点検整備の金額の表示

納車をする時に定期点検整備をする場合には、この整備代金が販売価格に入っているのか、入っていないのかを表しています。
販売価格に入っている場合には、「含まれます」入っていない場合には「含まれていません」と書いていて、含まれていない場合には、整備の金額も書かれています

 

11.販売価格の内容

販売価格には、保険料や税金またその他の費用は入っていないと言う説明も書かれています

 

12.リサイクル料金について

リサイクル料金が支払われているのか、支払われていないのかが明記されています。
支払われていない場合には、購入する時に、または、車検時に支払います。

recommend

誕生日ケーキの通販
https://www.rakuten.ne.jp/gold/tart/

最終更新日:2016/3/30

 

▲ページトップ

 

Copyright Junk Car. ALL RIGHT RESERVED.