安心の中古車えらびを。

中古車を賢く購入しましょう Used Car Purchase Navi

輸入車の購入

輸入車に憧れていて、輸入車を購入しようと考えている人もいるのではないかと思います。
この輸入車を購入する時に必ず出てくるのがあります。それはディーラー車と並行車と言うのです。どちらも輸入車にはかわらないのですが、違いがあります。

  • ディーラー車と言うのはキチントしたルートで輸入されている外車
  • 並行車と言うのはキチントしたルートで輸入されていない外車

このような違いがあります。キチントしたと言うのは、正規かそうでないのかと言う事です。
この正規と言うのは、例えば、BMWを購入しようと考えたら、BMWを取り扱っているお店(ディーラー)に行きます。そこで販売されているのが正規の輸入車でディーラー車となるのです。
ちゃんとBMWの会社からBMWの子会社に輸入がされているわけです。

逆に、並行車は、正規には輸入されていません。
だからと言って、悪い事をしているわけではありません。簡単に説明をすると車を取り扱っている業者が自分で外国に行って、そこでBMWを購入してそれを輸入して販売していると言う事です。

『並行車』の良い所・悪い所

並行車で車を購入しようとする場合に、一番良い所は、値段が安くなると言う事です。元の金額が高ければ高いほどその差と言うのは大きくなります。

まだ良い所はあります。それは正規のディーラーでは取り扱っていない車を購入する事が出来る事です。
正規だと、日本に合わせて色々と変更されている車が輸入されます。
しかし、並行車の場合は現地の車をそのまま持ってきますので、販売されているそのままの車を購入する事ができるのです。

逆に悪い所もあります。

まず、メンテナンスをするのが大変だと言う事です。
一般的な故障をしてしまった場合だと、ディーラーでも修理をしてくれたりもするのですが、大きな故障をしてしまった場合にはディーラーは修理をしてくれない場合が結構あります。
その理由と言うのが、正規で来ていない車ですので、説明書などがないのです。また、使用されている部品が違うから手を着けられないと言う理由もあります。

良い整備工場があるなら安心

ディーラーでは修理を対応してくれないと言うので、並行車の購入を諦めようと思ってしまいそうですが、まだ諦めないで下さい。
今日本では沢山の並行車が走っています。つまり、それを修理できる業者もあると言う事なのです。
ですので、周りを探してみて、対応してくれるような修理工場などがあれば、安心して並行車を購入する事が出来るのです。

登録年式とは何?

普通日本の車の登録年式と言うのは、初めてこの車を誰かが購入した日になります。
つまり、ナンバープレートが初めて付いた日が登録年式と言う事になるのです。

国産の車と言うのはだいたいこのように年式を考えているのですが、輸入車は少し違います。
初めて登録をされた日ではなく、作られた日が登録年式となるのです。
ですので、プライスボードなどを見る時は気を付けてみるようにしましょう。

また、輸入車のプライスボードの表示には英語が書かれている場合が結構あります。
説明を英語で書かれている訳ではないのですが、今のような年度などや、車の名前なども英語で書かれている事が結構あります。
まぁ、それは見た目的にかっこよく見えるからと言うことなのですが、それでも英語が苦手な人は焦ってしまいますよね。
ですが落ち着いてみれば大丈夫ですので、ゆっくり読んでみて下さい。

秋には来年のモデルが出てくる

輸入車と言うのは、ほとんど秋あたりに、新しいモデルが出てきます。
ですので、去年の年に日付がなっていたとしても、今年のモデルと言う事にもなります。
ですので、こんがらがってしまったりもします。
ですが、このような事を知っていれば、慌てないでもすみますね。

日本と海外では、細かな所で違いがありますので、しっかりと知識をつけてから輸入車の購入をしたほうがいいのかもしれません。
ちゃんと知識をつけないまま購入をしてしまうと後々大変な思いをしてしまうかもしれませんからね。

 

2017/1/20 更新

▲ページトップ

 

Copyright Junk Car. ALL RIGHT RESERVED.